お正月 帝釈峡クライミング

CIMG0002.JPGCIMG0001.JPGCIMG9674.JPGCIMG0005.JPGCIMG9656.JPGCIMG9664.JPGCIMG9661.JPGCIMG0006.JPGCIMG9678.JPGCIMG9650.JPGCIMG9659.JPGCIMG9660.JPG

 初登りは帝釈峡。鳳来の仲間が来るというのでご案内。初登りは花子岩、8年前?リハビリで訪れ、花よりコルネ12Aを登っている。RPした後、めっちゃ足痛くなりまたM先生とこに行った記憶があるな・・・今回は、まだまだ11Cにトライ。最近できたルートらしく、ジムのみんながやっていて、打ち込んで登られた人もいる人気の長いルート。中間はパワフルで、右からやっていたが、知り合いの女性のアドバイスで左からやったらいけた。ムーブは固まった。
 sportabaさんは新作、草薙13Aにトライ。こちらも人気ルートでムーブ多彩で面白いという。
 翌日は第一道場にご案内。備中から転戦で6連登だが、疲れも知らず13クライマーM子ちゃんはバラクーダー12Aにトライ。フレッシュならRPできそう!!
 K原さんもこのルート、花コルより気に入ったみたいだ。sportabaさん何年ぶりかにモナミ13Aにトライ。M先生にムーブ教えて貰ったからかムーブできたそうだ。夜はsportabaシェフのクライミングミシュラン料理キノコのアヒージョ、サーモンのカルパッチョ、白身魚の香草焼き、スペアリブ、北京ダッグ風鳥肉の春巻き包。ペアリングワインはソムリエールakoの持参。旅しても食べる価値のある料理だと評価頂いた
 日頃、鳳来では宿泊施設もないし夜の宴会などなく、明日の駐車場合戦と長いアプローチ、限界ルートの戦闘態勢に備えるが、今回はご馳走と楽しい話で和んだ。前夜は霧降山荘に宴会しに行った。特別ゲストにO村さんとY君が訪れ、今のクライミング界事情について語られ、フランスツアーの逸話を伺い面白かった。いろいろメモ取ってたら良かったけどルート名がうる覚え、第二道場のブロカブのルート名の由来。セユーズ??ブリュ・・ビオレンスのランナウトのルートに由来してそのリボルトのボルトがそのままブロカブに使われているという。第二道場も行ってみたい。開拓の岩を観に来られたというO村さん。まだまだ道場の開拓は続く。そして私の今シーズンのクライミングはまだまだ、これから始まる。

この記事へのコメント