その後

 11月初め鳳来に行って左足骨折した足のいつもの場所の痛みではない外側が痛いなと思って、M先生に診て貰ったら、髄内釘を止めてる下のスクリューの内の上が割れてて、下のスクリューは下の方に下がっていた。右足、前十字の手術した島田病院に診て貰いに行ったら、抜釘して太い釘を入れ直しちゃんと固定し、ついてない骨を骨盤等から骨を移植した方がいいと、近大病院に紹介状書いて貰った。
 今週、前半に近大に行った。こんなボロボロの骨見たことないと言われ、髄内釘が入ってるのにこんなに真ん中が骨折して治らないのは、感染症にかかってると思うと言われ、血液検査をしたが、その可能性はみられなかった。10年前に最初に骨折してそこはすぐ治ったが、抜釘する時に他に骨折がみつかり、上のスクリューだけ抜いたが、そのごすぐ他に骨折して、違う病院にいきスクリュー固定し直して今に至る。
 4年前、沢登りなどに行った時、疲労でM先生に診て貰った時、下のつきが悪かった箇所もついてるし、スクリューも移動してないし、完治との診断だったが、その後レントゲンも撮ってなかった。
 会社に行っていたが、動くと痛いので休職して家にいてる。12月2日に骨の検査、8日に診察で何とか今年中に手術して貰いたい。
 長い治療期間になりそうやけど、しっかり治したいと思う。
 目の先真っ暗な私にM先生は、心配ないちょっと周り道しただけのことで僕らのpriorityはクライミングやからと・・・仰って下さった。

この記事へのコメント